garlic-bowl

私が「にんにく」にハマったのはラーメン屋さんが発端でした。

出張で遠出した時、お昼時にちょっと入ったラーメン屋さんで「ご自由にどうぞ」と書かれた赤いフタの瓶が目にとまりました。

注文したラーメンがきて、その瓶をとり蓋をあけるとニンニクの香りが・・・。午後からはお得意先に行く予定がなかったので、その揚げてあるようなにんにくのスライスをラーメンに入れてみました。

「うまい!━(゚∀゚)━!」

それから、私はにんにくにハマることに・・・。

にんにくは美味しい。されど臭いが・・・・

にんにく好きな方は、分かっていただけるかと思いますが、一旦この魅力にハマると際限なくニンニクを欲する事態になったりします。w

しかし、にんにくは食べるとその後に独特のいやなニオイが吐く息に混じり、周りの人に不快な思いをさせることになったりしますよね。

なので、私は普段お得意先をまわったりしてお客さんと接する機会がかなり頻繁にあるので、このにんにくを食べたい気持ちと、食べると息が臭くなる事態の板挟みにあってかなりのジレンマに陥ることがあります。

とくに、お昼時にラーメン屋に入ったとき、初めて体感した「あの時」の思い出がフラッシュバックして、にんにく入れたい衝動にかられる時があります。

Garlic - Still Life
Garlic – Still Life / YIM Hafiz

無臭ニンニクの存在を知る

休日に結構な頻度で料理をする私は、たまにスーパーに買い出しに行くことがあります。

そんなある日、スーパーの陳列棚に「無臭ニンニク」と銘打たれた商品を発見。少し普通のものよりサイズが大きく、興味をもった私はすぐさま一つ手にとり購入しました。

その日、その無臭ニンニクをおろしたものを料理に使ったのですが、食後もほぼ臭わない感じでした。

オリーブ油と一緒に最初熱を加えての料理だったので、この方法であれば従来の普通のチューブ入りのニンニクであってもあまり食後臭わないので、この調理法では、大差ないように感じました。

あと、ラーメンなどに直接オロシた無臭ニンニクを入れるケースでは、食後確かに通常のものよりは臭いがかなり抑えられているように感じます。が、全くしない訳でもなく、あまり大量に投入して食べると少しは周りの人に感付かれるかもしれません。

garlic
garlic / Photography-S!

無臭ニンニクのパウダーやチューブ入りスライスって商品化されてないの?

自宅の冷蔵庫には普通のにんにくのチューブ入りのやつだとか、スライスして乾燥したもの、またスライスして揚げたタイプのもの、さらにはドラッグストアで購入した粉末タイプのものまであります。

それで思ったのが、無臭ニンニクのこのようなチューブ入りやパウダータイプ、スライスしたものがないのか気になりました。

で、自宅近くのスーパーを探したのですがどこにも発見できず。よってネットで探すことに・・・。

無臭ニンニクのパウダー(粉末)とチューブ入りでなくオロシタイプの瓶詰めを発見

まず今回ネットで無臭ニンニクを探してみて分かったのが、この無臭ニンニクを使ったもの、健康サプリ系のものが非常に多いということ。

卵黄と混ぜてあったり、糖衣状の錠剤やカプセルタイプのものだったりが非常に多いです。

なので、私のように純粋に料理で使えるようなチューブ入りのものや、パウダー、スライス状の商品はかなり少ないように感じました。

そんななかで、今回私が見つけたのがパウダータイプ、粉末状の商品と、チューブ入りではないですが、無臭ニンニクをおろして瓶詰めにしてある商品です。

スライスタイプのものは今回発見できませんでした。orz

【すりおろしタイプの商品】

【粉末タイプ】

無臭ニンニクのチューブ入りを最初探したのですが、見つけきれずそれに代わるものとして、すりおろしタイプの瓶詰め商品を探しました。

これだと、料理やあとラーメンにそのままトッピングできそうです。

あと、パウダータイプのものも最初なかなか見つけることが出来なかったのですが、「無臭ニンニク 粉末」で検索したらヒットしました。

しかし、こちらもサプリ関連の商品が多く数グラムごとに分包されたタイプの商品が多かったのですが、上記の1kg入った粉末タイプの商品がありました。

これだと、料理にそのまま使えそうです。

ここまで見てきて、無臭ニンニクそのものが従来型のにんにくと比較して割高なので、それに関連する商品が開発しにくいのではないか?と思った次第です。

なので、今後無臭ニンニクが今よりさらに大量に生産されるか、従来タイプのにんにくにとって代わるようなことになると、関連商品も色々発売されるようになるのではないかと思うにいたりました。

とにかく、しばらく上記の商品をしばらく使ってみたいと思います。