妻の叔父にあたる人が大腸がんの診断がくだりいたく動揺されています。

どのような治療をするのか現在いろいろ考えているそうで、親戚一同にもそのため何か情報があればと妻の方にも連絡がありました。

それで幾ばくかお役にたてればと、今回は大腸がんの手術についていろいろと調べてみました。

大腸がんの治療方法について

大腸がんが見つかった時に、その治療法にはいくつか選択肢があります。

がんの進行状況や、患者さんの体調などによっても選択しはいろいろとあるようですが、まずオーソドックスな方法として、内視鏡による摘出があります。

軽度から中期程度になると外科的な手術が考えられ、開腹手術腹腔鏡手術などがあります。

あと抗癌剤による化学療法放射線治療があるようです。

これらの治療方法を調べている中で、私が気になったのが大腸がんのロボット手術

かなり現在話題になっているようなので、今回はこのロボット手術に関する情報を中心に調査してみました。

大腸がんのロボット手術について

今回調査中に目にとまったのが、大腸がんのロボット手術についてなんですが、正式には

内視鏡ロボット支援手術

通称「da Vinci(ダ・ヴィンチ)」

このダ・ヴィンチ、一度テレビ番組で見た記憶があります。前立腺がん、食道がん、胃がん、腎臓がん、子宮がん、肺がんなどの手術に目覚ましい結果を残しているそうで、特に大腸がん、直腸がんなどは今後このダ・ヴィンチの活用が非常に期待されているそうです。

ダ・ヴィンチで手術をするメリット

ダ・ヴィンチで大腸がん、直腸がんなどを手術するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

ひとつは体内に入って、医師の手となり患部を抑えたり、切除したりする「手」となるパーツが非常に優れていて、狭い場所や繊細な作業でも安定して手術ができる面があります。

また体の内部を映し出すカメラもしっかりとロボットのアームに固定してあるので手ブレなどがなく安定した立体映像が手術をするドクターのもとに届けられます。

医師はその3Dの映像を見ながら患部の処置をするわけです。

ダヴィンチ使用によるロボット手術のデメリット

逆にダヴィンチを使った手術のデメリットというと、まずこのロボットを使っての手術は現在、健康保険適用外になっているため手術費用が高額になるという点です。

ダ・ヴィンチでの手術では、現在「前立腺がんの全摘手術」しか健康保険の適用が認められいないので、この点は患者さんへの経済的負担がかなり大きいと思われます。

また別のデメリットとして、機械が非常に大きく大がかりで、さらに高額であること。またダヴィンチを操作するのに資格が必要であることも大きなネックの一つになっているようです。

ダヴィンチで手術するとなると費用はどれぐらいかかるのか?

ダヴィンチによるロボット手術は精度的なものや、これまでの実績からいって患者さんにとってはかなり選択したい手術方法の一つだと思います。

しかし、前章でお話したように前立腺がんの全摘出手術以外は現在健康保険が適用されません。

よって、手術費用がかなり高額になることが予想されます。

健康保険適用外ということは、自由診療のあつかいになり、かなり病院によって費用が違ってくるのではないかと考え、ネットで調べられるところで、実際にどれぐらいの費用がかかるか調べてみました。

<ダヴィンチを使用した手術費用>

※時間が経過すると各病院での費用も変わる可能性があるので、かならずリンク先の各病院のサイトで費用の確認をして下さい

①聖路加国際病院

http://hospital.luke.ac.jp/guide/davinci/index.html

da Vinci による手術の費用

2012年4月より、手術支援ロボット「da Vinci 」を使用した手術のうち、前立腺がんの全摘出手術が保険適用になりました。

手術・入院費に保険が適用され、患者さんのご負担が3割の場合はおおよそ420,000円の見込みです。但し、高額療養制度を利用していただいた場合、所得に応じ最終的なご負担額は以下の通りとなります。

70歳未満の方…約92,000円~160,000円
70歳以上の方…約44,400円~ 92,000円(上記費用には部屋代は含まれていません)

②豊橋市民病院

http://www.municipal-hospital.toyohashi.aichi.jp/info/da_vinci_si.html

【直腸疾患】

ロボット支援 直腸悪性腫瘍手術 平均10日入院  実費600,000円

※上記のページに記載がありますが、上の例は標準的なロボットでの手術で、手術内容によっては費用が異なってくるとのことなのでご注意ください。

③静岡がんセンター

<PDFファイルです>
http://www.scchr.jp/press_releases/20121016/20121016.pdf#search=%27%E5%A4%A7%E8%85%B8%E3%81%8C%E3%82%93+%E3%83%AD%E3%83%9C%E3%83%83%E3%83%88%E6%89%8B%E8%A1%93+%E8%B2%BB%E7%94%A8%27

大腸外科 自由診療 治療費用50万円

※治療費には手術料と入院料等が含まれているようです。

3件の病院の手術費用について書きましたが、ダ・ヴィンチを使ったロボット支援手術をしている病院で、その費用を公開しているところが少なく、また費用をホームページに記載していても健康保険適用の前立腺がん全摘出のケースだけしか記載されていないところが多かったです。

一番良いのは、やはり直接病院に問い合わせてみるのが確実だと思います。

なかなか、自由診療になるので病院といえども費用を公表するのははばかられるのでしょうか?

以上、大腸がんのロボット手術に関する情報でした。