必勝 合格

小学生のお子さんをお持ちの方で中学受験を考えていらっしゃる場合、進学塾や家庭教師を検討される方も多いと思います。

年度末が近づいてくるとかなり多くのお子さんが新規で塾に通いだしたり、家庭教師をお願いしたりするケースが増加することかと思います。

すでにこのブログでお伝えしているように我が家には小学六年生の娘がいて、今年中学受験に臨み無事希望校に合格することができました。

中学受験をする決心をしたのが一年ちょっと前の5年生のころだったのですが、その当時、とても今回合格した中学に入れるなどとは思っていませんでした。

それで、この一年ちょっとの間の娘の中学受験への取り組みについて、私なりに思ったことを少しまとめてみたいと思います。今後我が家と同じようにお子さんの中学受験を考えていらっしゃるご家庭にいくばくかお役に立てればと思っています。

<当初、娘は勉強のやり方がよく分からず、時間ばかり食って成果が上がってなかった>

事の始まりは娘が小学五年の夏休みが終わるころに、妻が中学受験の話しを切り出してきたのが中学受験に足を踏み入れた最初だったかと思います。娘本人の意志ではなく(笑)、まわりの友達の動向からそのような流れになったようで・・・まあよくあるパターンかと思います。

それで、塾に通わせたいとのことで地元で評判が良い学習塾に通わせることになりました。

しかし、その塾は地元の中高一貫校のトップ校を狙うお子さんが多く、うちの娘の成績からいうと少しレベルが高い塾だったようです。娘本人はその塾に通うのはそれほど抵抗はなかったようですが、妻いわく通いだして半年経過しても、成績が一向に上がる気配がないと・・・。

そこで、娘にいろいろ話を聞いてみたところ、私は以下のような点が気になりました。

①塾の授業方法がかなり一方通行で、先生が一方的に説明するパターンだった。

②娘の勉強方法が、問題の理解よりも問題を消化することに重点がおかれていた。

大きくこの2点が私が気になった点でした。

①の方は、結局中学受験までの限られた時間に数多くの問題をこなす必要があるからか、きまった時間に多くの問題を子どもたちに解いてもらうように、先生方が毎回早口で怒涛の説明をされていたようです。

成績が良い子は、おそらくこんな授業でも全然ついていけるでしょうし、問題はないと思います。しかし、うちの娘はそれほど成績が良くなかったので、分からないことがあってもそのまま次に進んでしまって、置き去りにされていたようです。

これが、1回の塾の授業で分からない点がいくつも出てきてたようなので塾が終わって質問するのも諦めてしまっていたようです。

これじゃ、成績が伸びるわけないですね。

さらに、②の勉強方法なんですが、これが低学年からの学校での勉強方法をそのまま踏襲してて、時間をかけて勉強してもまったく身になってない事が多かったです。どういう事かというと、例えば覚えないといけない漢字を、漢字ノートに1行づつ、ただ書いてるだけなんですね。

また問題集なども、単に答えを書いて答え合わせして、分からなかったところは答えを見てそのまま正解を記入するだけ・・・・。なので、漢字にしても問題集にしても、実際のテストで「勉強した」漢字や、問題であることは分かっても、正解が分からないケースが非常に多かったようです。で、テストが返ってきて間違った箇所を見て「あーっ、そうだった」と思いはするものの、あとはそのまま・・・。

だから、再度同じ漢字や、問題がテストにでても、また分からない・・・。要するに、うちの娘は「勉強のやり方が分かってなかった」んですね。

それで、これでは塾に行く時間とお金が勿体ないと考え、妻と一緒に対策をねりました。勉強のやり方などを、私も少し教えたりしたのですが、どうにも娘の飲み込みが悪くうまく行きませんでした。

それで、これはやはりプロにお願いした方がよいだろうと、いろいろあたった結果、一旦それまで通っていた塾をやめて、マンツーマンで教えてもらえる家庭教師をお願いすることにしました。

これは、妻や私の塾の送り迎えやお弁当などの準備の負担軽減というのもあったと思います。で、家庭教師をお願いしたのが昨年の三月からでした。

今振り返れば、この決断が中学受験合格のすべてだったように思います。

娘は分からないことを、すぐに解決できる喜びを覚えて加速度的に勉強に没頭するようになりました。

来ていただいた先生との相性もあったかと思いますが、あのまま地元の有名塾に通わせていたらおそらく第一志望には合格出来てなかったと思います。また、この家庭教師を選択して一番の収穫が、

「結果が出る勉強のやり方をマスターできたこと」

「勉強をする習慣をつけてもらった事」

この2つが非常に大きかったと思います。なので、もし今現在中学受験を目指されている小学五年生のお子さんで、塾に通ってるけど成績がいまいち伸び悩んでいるという方は、塾任せではなく、一度お子さんからよく塾での授業方法や勉強方法などについてお話を聞かれることをおすすめします。

特に、長く通わせている塾で成績が上がらないという場合は早急に何らかの手を打たれたほうがよろしいかと。

中学受験までの時間は、刻一刻と過ぎていきます。

 

【私がおすすめする家庭教師の選び方】

※家庭教師を検討されるときに、なにも情報がない状態から家庭教師探しをされるのであれば、下記のリンク先の家庭教師センターの比較検討ができるサービスを活用されることをおすすめします。サイト上でお子さんにあった家庭教師センターの診断が無料でできて、資料の一括請求も出来るので便利です。費用のことなど気になる情報を比較できるのが私てきには特におすすめしたい点です。

➤➤➤家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!