Tibet Mount Everest
Tibet Mount Everest / Goran Hoglund (Kartlasarn)

 

一昨日に古代インドヨガの呼吸法について少し書かせていただきました。

 

■古代インドヨガの呼吸法でウエストを5センチダウンを目論むも・・・最後がめちゃムズイw

https://55big.com/121.html

 

この記事で書いたように、実践するにあたって呼吸法そのものはさほど問題ないのですが、最後の頭だけで倒立するのがどう考えても私には無理っぽいので、なにかこれを補うようなものが代わりにないものかと色々あたってみたところ・・・・

 

次に私が出会ったのが、チベット体操なるものでした。

 

イメージからするとチベットと聞いただけで健康になりそうな感じが私にはします。w やる前から健康に“なれた”気分の呑気な私です。
(笑)

 

で、この体操がまたかなりシンプルで運動がそれほど得意でない、体が硬い私でも出来そうな感じがする体操だったので、実際にどのようにやるのか調べてみました。

 

これはネットで調べるとすぐに出てきます。

 

色々なサイトで紹介されていますね。図解入りで詳しく説明されているサイトもありますし、またYoutubeには実際にインストラクターの方
が実践されている動画もかなりの数ありました。

 

これは、自分で学んで実践する分にはまったく問題ないようです。結構シンプルで、やりかたも難しくなさそうな感じが・・・。

 

意表をついたのが最初の両腕を水平にあげてクルクルと回転する体操です。これ実際にやってみると、「あれ?こんな感じでぐるぐる回ったのって、いつ以来だろう?子供の頃にはよくふざけて回ってたけど・・・」

 

そうなんです、この回転するやつ大人になってから、自分ではやった記憶がありません。浅田真央ちゃんとかグルグル回るの上手そうですよね?www

 

で、全部でチベット体操は5つの儀式で構成されているそうですが、このあとがやると結構しんどかったです。(^_^;)

 

仰向けに寝た状態から両足を上げるのなんかも、腹筋がタルタルにたるんでる私には、相当きついエクセサイズでした。w

 

あと、もともと体が硬い体質なので、体を反らせるポーズも結構きついんですが、やってる途中で、右側にあった姿見の鏡に写った自分の姿を見て、全然後ろに反ってないので、吹いてしまいました。ww

 

この時に、後ろに反ってたせいか、気管に唾液が侵入してしまったようで、ゴホ・ゲホと咳き込んでしまいました。

 

なんとも情けない限りです。w

 

最初、このチベット体操のやりかたを見た時、シンプルで簡単そうで、私にもすんなり出来そうと思っていましたが、運動不足の者にはかなりハードなエクセサイズのように思います。w

 

この体操をやることにより、気の流れをよくして若返りをはかれるということだそうです。

 

で、最後の締めくくりに呼吸法をやるそうで・・・。

 

これは見方によっては、先日ご紹介した古代インドヨガの呼吸法の逆パターンみたいな感じに私は思えました。

 

ヨガの方は、最初に呼吸法をやって、最後のしめくくりが頭を使った倒立でしたが、チベット体操のほうは、先にエクセサイズをやって最後に呼吸法で締めくくる。

 

私は、古代インドヨガの呼吸法では最後の頭での倒立が出来なかったので、この部分のエクセサイズ的なものをチベット体操に求めるというのはどうだろう?と思った次第です。

 

ミックスするのが良いのか悪いのか分かりませんが、実際に実践してみて自分の感覚でそのへん判断してみたいと思います。w

 

って、いうか続けるのが先決ですが・・・。w

 

【参考書籍】