Thunder in Tehran

雷について考えると、私が子供の頃と比較すると近年は落雷の回数が非常に多くなっているような気がします。

ここ1,2年天気予報でよく耳にする「大気の状態が不安定」な時によく雷が落ちてるように思います。

でテレビが地デジに完全移行した年に同僚の自宅で、買ったばかりの地デジ対応のテレビが落雷にやられて、みごとに使えなくなったことがありました。

で、本格的な梅雨や大気が不安定になりやすい夏場を前に、自宅の家電製品の雷対策について少し勉強してみました。

コンセントを抜くだけじゃダメ!テレビはアンテナ、PCは通信線からも雷は襲いかかる!

先ほど書いた、買ったばかりのテレビを雷にやられた同僚もですが、わが家も雷の落雷対策ってまったく何もやってません。(^_^;)

冷蔵庫と洗濯機が、買ったときに業者さんがアースを取り付けてくれた程度であとは、個人的に自宅で使ってる家電製品の雷対策はなにもやってない状態です。

で、まず天気予報などで雷注意報や落雷注意報が出されたときや、すでに雷が鳴ってる時に、現時点で何ができるか調べてみました。

まずは自宅の家電の落雷対策として真っ先思い浮かぶのが

■自宅にある家電製品のコンセントを全て抜く

これは自宅を見て回るとかなりの数の家電製品がコンセントが差したままの状態になっていることに気づきます。

壁の上のエアコンなどは、コンセントが本体横についてたりするので、実際忘れがちになりそうな気がします。

あと、トイレのウォシュレットもコンセント差したままです。洗濯機と冷蔵庫はアースがつながっているから、コンセントはぬかなくても大丈夫なのでしょうか?w うーん、うちは本当にヤバそうだったら、冷蔵庫もコンセント抜くと思います。

で!今回落雷対策で色々調べていて、私が「あっ!そうか~」って思ったのが、パソコンとテレビです。

家電に詳しいかたや、理系の方であれば常識なのでしょうが(文系の人でも常識なんでしょうけどねw)、パソコンやテレビは電源をとるためのコンセント以外にも線がつながってます

うちの自宅のパソコンは、まだ有線のADSL回線のものがあって、これにLANケーブルが・・・

テレビには放送を受信するためのアンテナの線が・・・

これらの線からも雷は伝って落雷被害を起こすらしいです。雷=電気をイメージして、私などはコンセントを抜けば大丈夫だと思っていたのですが、これはちょっと、世間知らずの私には落とし穴でした。

なので、自宅の家電対策では、まずコンセントを抜くことと、パソコンなどの通信機器に繋がっている回線もはずし、テレビのアンテナ線もはずすことが落雷から家電を守る第一歩になるようです。

あと、電源の方では家電の雷対策グッズを一つ発見しました。

この商品は、普通の電源タップに見えますが、雷が落ちた時にPCや通信機器を守ってくれる優れものです。

パソコンの方はこれでガードできそうです。

あと、外出してて自宅に誰も居ない時に自宅周辺で雷がゴロゴロって時が、困りますよね。

なので、自宅を出るときは、必要最低限の家電だけ通電して、残りのテレビだとかエアコンなど使わない家電製品のコンセントは全て抜いて外出する習慣をつけるようにすると、何かあったとき被害が最小限ですませることができるかと思います。