サンダル

暑くなってくると着るものだけでなく、足元も涼し気な格好をされる方が多くなりますよね。

ビーチサンダルや近年多くの方が愛用されているクロックスなどのタイプの履物をこれからの時期多く見かけるようになります。

そうなると、足元、素足が人の目に触れる機会も増えますし、自分自身でもチェックする機会が増えるのではないでしょうか?

で、これからの時期に足元のトラブルで結構耳にするのが今回記事のタイトルにしました「爪半月黒い色に変色」する事例です。

私も過去に何度か経験があります。その時のことを踏まえて今回はこの爪半月が黒い色に変わってしまうトラブルについてお伝えしていきます。

爪半月が黒い!考えられる原因は?

一概には言えませんが、爪の半月部分(これがない人もいますが、要するに爪の根元部分のことですね)が、黒い色に変色する原因には大きく次の2つのことが考えられます。

悪性黒色腫

爪の下の部分の内出血

サンダル2009
サンダル2009 / is_kyoto_jp

悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)とはどんなものなの?

悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)とは簡単に言うと「皮膚のガン」ですね。この悪性黒色腫は体のどの部分でもできる可能性があるようですが、多い事例として手足の先にできるケースがあります。

これを「末端黒子型黒色腫」と呼ぶそうで

画像検索でかなりの症例の写真が閲覧できますが、心臓が弱い方は「閲覧注意」かもしれないので自己責任で検索、閲覧をお願いします。

今回私が画像を検索してチェックしてみた感じでは足の指、それも爪の部分に「悪性黒色腫」が出来ている写真は少ないように感じました。

それもかなり症状が進んでいる状態で撮影されたものがほとんどでした。

ですから、これらの写真を見て「あれ?自分の足に出来ているのもこの写真のやつに似てる・・」と思われた方は、最寄りの皮膚科の先生に診てもらうことをおすすめします。

爪の下の内出血について

おそらく、爪半月が黒い色になってると驚かれている方の多くがこちらの内出血が原因となってるケースではないかと思います。

私自身もこの内出血で黒くなったパターンでした。

一番最初に黒くなったときは、ちょうど爪半月のごくごく小さい部分に出来ました。

初めて見たときは結構驚き、何かの病気のシグナルではないかと不安になったものでした。

しかし、1週間ほど様子を見ても全然治るような気配がなかったので、風邪気味だったのでかかりつけの病院に行って見てもらったら、「あ~っ、内出血やね。そのままにしといて大丈夫」とぶっきらぼうな診断を内科の先生にしてもらいました。w

新しい靴を買ったんじゃない?と先生に言われて「あっ、買ったばかりの靴を履いてたら足先が痛くなってた・・・」

それが、原因だったようです。

あと、数年前に夏祭りで露天の夜店を何度も練り歩き10キロ近く歩いたときも、足の爪が黒くなりました。

このときは、初回の時とは比べ物にならないくらい大きいサイズで、ほぼ爪半月が隠れてしまうサイズの内出血をしてました。

そして、そのあとにダイエット目的でジョギングを始めた時も同じ症状が・・・。この時は、足の親指の爪がほぼ全面真っ黒になりました。www

なので、

新しい靴に履き替えた時

長距離歩いた時

ジョギングなどをした時

このような時に、足の爪、特に爪半月あたりが内出血になって黒い色に変わっていますことがあるようです。

DSC_0396.JPG
DSC_0396.JPG / imgdive

爪半月や爪自体を黒くさせないために

足の爪が黒くなると、思いのほか目立ちますし恥ずかしいものです。特に女性の場合は、驚きとともに恥ずかしさを隠し切れないのではないかと思います。

女性はネイルで隠すことも出来るでしょうが、なぜ黒くなってるかわかってないと不安になる方も多いかと思います。

そこで、この足の爪が黒い色に変わらないためにどうしたら良いのか、私なりにその対処法を考えてみました。

足元の悪性黒色腫への対策

まず、悪性黒色腫のケースですがこれはなんともしがたいものがありますよね。しいてあげれば、紫外線対策を行うことぐらいでしょうか?

夏場など紫外線が強い時に、顔や腕など目につきやすい箇所に日焼け止めクリームを塗って紫外線対策をされる方は多いかと思いますが、足の指、特に爪の部分を紫外線から守ってる方って少ないのではないでしょうか?

悪性黒色腫が四肢、手足に出来やすいと言われていることから、案外手先だけでなく足先の紫外線対策は、ビーサンなどをはく機会が多い夏場はしっかりやっておいたほうがよいのかもしれません。

足の爪の下の内出血防止

足の内出血防止については、私の経験から次のような対策が考えられます。

まず新しい靴を購入したときは、足がなれるまで長距離を歩いたりしないのがよいと思います。

靴を購入したとき、自分の足にピッタリ合ってると思っていても、実際に歩き出したら足の形にあってなくて、足先などに負荷かかかってしまうことがあるようです。

あと、私が経験したお祭りでの事例ですが、これは結局、お祭りの方に気をとられてというか浮かれてしまって長距離を歩きまわったのが原因だと思います。orz

なので、普段歩きなれてない方などは、このようなお祭や、あとテーマパーク、ディズニーランドやUSJなどの大型で広いアミューズメント施設に足を運ばれたときは、遊ぶことに夢中になるので、時間を決めて十分な休息をとり、歩かれることをおすすめします。

最後に、ジョギング。これも初心者の方がいきなり長距離を走ろうと無理をしたりすると、足の爪が内出血で黒い色になるケースが多いので、いきなり強い負荷をかけるのはひかえましょう。

普通の靴もそうですが、ジョギングなどで使うシューズは特に足に負荷がかかるので、シューズの選択は慎重に行うべきだと思います。

メーカー、ブランドによってかなり違うように思うので初心者の方は注意して靴を選びましょう。

まとめ

爪半月が黒い時には悪性黒色腫と、内出血をしてないかチェックしてみましょう。判断がつかない時は、病院で診察してもらうことをおすすめします。