糖尿病の脱水対策で注意すべきポイント

健康

quench

年齢的なものからか、私の周りにはかなりの数の糖尿病患者さんがいらっしゃいます。

一人知り合いの社長さんはインシュリンとパウダー状のブドウ糖を常時持っているそうで、食事前にはインシュリンの注射をし、また時として急激に血糖値が下がり気分が悪くなった時、ブドウ糖を服用する・・・こんな生活を長年やられているそうです。

その社長さんもおっしゃってましたが、この糖尿病の方はこれから本格的な夏に入ってくると脱水症状に注意しないといけないそうです。

そこで、今回は糖尿病の方の脱水対策についてお伝えしていきます。

糖尿病になるとオシッコの回数が多くなる

まず最初に、糖尿病の方がトイレに行く回数が多いってご存知でしょうか?頻尿と呼ばれる症状が出て、おしっこの回数が増えます。

で、なぜこのオシッコの回数が増えるのでしょうか?

糖尿病になると喉が渇く症状が出てきて水分を多量に摂取する人が多くなります。そうすると体内に入った、水分は必然的に多くの尿として体外に排泄されることになります。

この多くの水分をとることによって、一日に8回以上といったいわゆる頻尿の状態になることは、誰しもが理解できることかと思います。

しかし、糖尿病の方はこの他にも、もう一つ頻尿になる原因があることが知られています。それは糖尿病による膀胱の神経障害からくる頻尿です。

これにより、健康体の方と比較するとトイレに行く回数が増えてより多くの水分が体から排泄されることになるわけです。

代々木公園で走り回ってやたらと喉が乾いたので自販機見つけて速攻でミネラルウォーター買ってぐびぐびやったらスポーツドリンクだった。うげー。これ、俺的には十分虚偽表示。
代々木公園で走り回ってやたらと喉が乾いたので自販機見つけて速攻でミネラルウォーター買ってぐびぐびやったらスポーツドリンクだった。うげー。これ、俺的には十分虚偽表示。 / cytech

糖尿病の方の脱水症状のメカニズム

前項の糖尿病の方が喉の渇きにより水分を多く摂ることと、膀胱の神経障害によって頻尿になり、健康体の方よりも尿の回数が多い分、多くの水分が体外へ排出されることを説明されて頂きました。

もうこれだけでも、脱水症状の原因になるかと思うのですが、夏場になるとさらに暑さによりさらに汗によって体内の水分が排出されることになります。

私の知り合いの前出の社長さんをはじめ、私が知っている糖尿病の方はかなりの肥満体の方が多いです。

この太っている方は、その体についた脂肪の鎧が原因で、夏場非常に暑がる人が多いですよね。また汗の量が尋常でない方もいらっしゃいます。

もうこれだけ、書くとなぜ糖尿病の方が脱水症状に陥りやすいのか説明するまでもないように感じます。

ようするに、尿としても多くの水分が外に出てしまい、さらに汗でも体外に水分が出る・・・脱水症状まっしぐらといってよいかと思います。

Water Pouring Over Glass of Ice
Water Pouring Over Glass of Ice / StockPhotosforFree.com

糖尿病の方の脱水対策

これから気温、湿度が上がる夏場になると前項で書いたように大量の汗をかくことになります。

さらに糖尿病の方は頻尿の症状でより多くの水分が失われることになるわけです。

そうすると糖尿病の方の脱水対策を考えた時に、普通にこまめに水分補給をするだけで良いのでしょうか?

水分補給は必須ですね。

しかし、水分補給だけでは糖尿病の脱水対策には不十分です。汗をかくことで、体内の水分と一緒にミネラル分も体外に排出されます。

よって、水分補給だけでなく塩分などミネラルの補給も重要になるわけです。

だったら、市販のスポーツドリンクを飲んで脱水対策をしてれば良いのでは?と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。

しかし、このスポーツドリンクが糖尿病の方には曲者ですよね。糖尿病の方であれば、じゅうじゅうご承知でしょうが、この手のスポーツドリンクって糖分がかなりの量含まれているんですよね。

なので、ミネラル補給をかねてスポーツドリンクで水分補給をしてると、糖分をとりすぎることになり糖尿病の方は血糖値が上がり、喉がかわき・・・またスポーツドリンクを飲む・・・みたいな悪循環に陥るケースも考えられます。

なので糖尿病の方は夏場の脱水対策にスポーツドリンクを採用するのではなく、普通に水やお茶などで水分補給をして、それにあわせて干し梅などで塩分、ミネラルの補給をするのがよいかと思います。

あと麦茶はミネラルが入っていて、夏場はどのご家庭でも作っていらっしゃるかと思うので、麦茶は脱水対策には適した飲み物だと思います。

麦茶
麦茶 / nubobo

高血糖状態だと体の細胞も脱水状態に!

糖尿病の方は喉の渇きで体の脱水症状をある程度自覚できてるように感じますが、血糖値を上手にコントロールできない方は自分では気づかないうちに体の中が脱水症状に陥っていることが考えられます。

どういうことかというと、血管を流れる血液の血糖値が高い状態のままだと、体の細胞内の水分が、細胞外に出てしまうんですね。

例えが良くないかもしれませんが、今の時期野菜のきゅうりを塩もみすると大量の水分が出てきますよね。原理はあれと同じだと思ってください。

塩が砂糖に変わったと考えるとわかりやすいかと思います。

なので、すでに糖尿病とドクターから診断されている方は、夏場の水分やミネラル補給が脱水対策になるのはもちろんなのですが、血糖値を正常値に保つ、コントロールすることも体内の細胞の脱水症状を防ぐには非常に重要なことだと頭にいれておいてください。

今回のまとめ

糖尿病の方の夏場の脱水対策はこまめな水分補給とともに、ミネラル補給も欠かさずに!

また血糖値を正常に保つことで体内の細胞の脱水症状を防ぐことにつながる。

コメント