DSCN0888

現在使っているノートパソコンは昨年ウィンドウズのXPのサポートが終了するということで買い替えたパソコンです。

その際にこのブログでパソコン買い換え顛末記ということで記事を書きました。

使い出して1年半ほどたちますが、これまでソフトウェア的なトラブル以外、ハード面でのトラブルは全くなく快適に使ってきました。

しかし、2日前ほどからパソコンのキーボード左下あたりから異音がしだしてきて・・・・

ノートPCからの異音はCPUファンと同期していた・・・夏・・・ん?ひょっとして・・・

この快適に使ってきたゲートウェイのNE572-F14Dというパソコン。異音がする状況をしばらく観察していると、あることに気づきました。

CPUファンが動いてるときに音がしているんですね。

その時点で私は、以前使っていたタワー型のデスクトップパソコンで似たような症状があったことを思い出しました。

これは、ひょっとして

「CPUファン付近にホコリがたまっているのでは?」

この現在使っているGatewayのノートパソコンはパソコン本体の左サイドにCPUファンの排気口?みたいなやつがありまして、デスクトップのパソコンでもそうでしたが、ここの部分ってホコリが溜まりやすいんですよね。

以前使ってたデスクトップのパソコンもこの排熱口の裏側にホコリが溜まり込んでいて、パソコンから異音がして気づいたことがありました。

現在使ってるノートパソコンも購入して1年半ほど経過してますが、この部分の清掃を全くしてませんでした。^^;

とりあえず、異音の原因はこれではないかと考え、問題解決へ・・・。

R0011142
R0011142 / duck75

GatewayのNE572-F14Dの裏蓋のネジ多すぎワロタwwwで、裏蓋外さずに対処

で、掃除をしないといけないであろうと考えて、パソコンの電源を切って、接続してあるアクセサリー類や、電源コードを全部取り外しました。

バッテリーも外しておいたほうがよいだろうと、思って外そうとトライしましたが、要領が悪いのか固くて外せず断念・・。w

で、裏蓋を固定してるネジをプラスドライバーで1個ずつはずそうと、開始・・・。

途中で、ん・・・何個あるんだこのネジは・・・

めちゃくちゃ数が多いんです。もう、途中で外すのが嫌になりました。(爆)

その外すが嫌になったもう一つの原因が、裏蓋の中央部付近についてたネジの一つが固くて、固くて・・・全然外れないんです。

きっと機械で締めてるんでしょうね。

これをあまりやり過ぎると、ネジ穴がつぶれる可能性があると判断し・・・・ネジを外すのをそこで断念。orz

となると裏蓋を外さずに対処する方法を考えねば・・・と。

Cantenna II with Macbook running Kismac
Cantenna II with Macbook running Kismac / lungstruck

掃除機を排熱口のところに押し当て試してみた

裏蓋を外さずにCPUファンとうに付着してるであろうホコリをとるには?

もう掃除機を使うしか私は思い浮かびませんでした。www

自宅にある掃除機を持ってきて、狭いところを掃除するときに使う、口が刀の先のようになっているアタッチメントを取り付け、排熱口のところを掃除してみました。

掃除機はマックスパワーの強にして、時間は5分以上吸い取っていたと思います。

まあ、これでファンはその周りにこびりついているであろうホコリが完全に綺麗にはならないとは思いますが、とりあえずやってみました。

で、パソコンを立ち上げてみたところ・・・ん?異音がしなくなった?

試しにCPUの負荷がかかる動画を再生してみたのですが、CPUファンの音はしますが、それまでしてた「異音」はしなくなりました。

やった、成功だ!www \(^o^)/

これは、こんなことで解消できるのであればたまに、部屋を掃除するときにパソコンのこの排熱口も一緒に掃除機をかけておくと、このCPUファン周りの異音対策になりそうな気がします。

まあ、しかしそのうち裏蓋あけてしっかり掃除しないといけないでしょうね。

とりあえずの応急措置として、掃除機で吸いだしてみるというのは、私のノートパソコンでは異音発生の解消になりました。

夏場は暑くなって、気温が上昇するのでパソコンの熱対策も大変になってくるかと思います。

このCPUファン周りの掃除を怠っていると、今の時期、私と同じように異音発生からパソコンの電源が途中で落ちたり、処理速度が極端に遅くなったりするようなので、パソコンのお手入れをしばらくやられていない方は、一度お使いのパソコンの内部をお掃除してあげるとよいかもですね。