吹奏楽部に入部した子供のために防音室調達

住まい

知人の今年中学生に入学した娘さんが吹奏楽部に入部しました。

 

それまで音楽に全く興味をもってなかったそうですが、なにか楽器をやりたいということで吹奏楽部の門を叩いたそうです。

 

そこで、楽器を何をやるのかが問題になって演奏する部員が一番多いクラリネットを選択したそうです。

 

で、春からクラリネットの練習を始めたそうですが、自宅で練習するとき思いの外、クラリネットの音が大きく、自宅にいるほかの家族はもちろん、ご近所にもかなりの騒音になっているようで対策をねらないとと頭を悩ませていたようです。

 

対策その1:部活以外で練習を近くの河川敷でやることに

 

その知人のお子さんの中学では、クラブ活動は平日のみ、いうなれば授業がある日だけしか活動ができないという少し変わった中学のようです。

 

それで、楽器を初めて手にした部員さんたちは限られた時間で練習をすることになるのですが、知人のお子さんもやるきになって毎日クラリネットを手に練習をしているようです。

 

しかし、先ほど書いたように他の兄妹からうるさいとかなり言われて、なくなく練習場所を探して、見つけたのが自宅から少しはなれた川のほとりだったそうです。

 

その場所だと周りに住宅もなく、気兼ねなく練習ができると学校が休みの日などは、その場所に一人で自転車にのって行き、練習をしてたそうです。

 

ところが、知人の奥さんがその場所に足を運んでみたところ、確かに周りに何もなくクラリネットのような楽器の練習には他の人の迷惑にならずに良いと思ったそうですが、あまりに人気がなく寂しすぎると・・・。

 

夕方など、娘さんがそこで一人で練習してると、普段は他にだれもいないような場所なので、不審者などに目をつけられると危ないから、そこでの練習をやめさせたそうです。

 

夏のボーナスで防音室購入

 

練習する場所を失った娘さんのために、知人のご主人は自分で色々調べてあるものを先日ブレゼントしたそうです。

 

でたばかりの夏のボーナスで娘さんが自宅でクラリネットの練習ができるように、部屋に置けるたいぷの防音室を購入したそうです。

 

私は防音室と聞いたときに、レコーディング・スタジオみたいな分厚い扉がある部屋を想像しましたが、そのようなものではなくて、現在ある部屋に据え置くタイプの簡易型の防音室になるそうです。

 

実際に購入されたのが、下の写真のものだそうです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アパートやマンション住まいでも安価に防音室が作れる!ギター・ボイストレーニングなどに最適!簡易吸音ルーム 遮音・吸音・防音室 ライトルームSサイズ
価格:102667円(税込、送料別) (2020/3/5時点)

 

細長いテントみたいな感じになるようですね。これで、約10万円ほどしたそうで・・・。www

 

そういえば、クラリネットも30万円ほどしたような話をしてました・・・。

 

子供にはお金がかかります。(笑) しかし、この知人のご主人は結構羽振りがよさそうで、かなり高額のものでもお子さんにのためにはすぐ買い与えているようです。

 

それを奥さんがよく止めに入る・・・・これが知人宅の「あるある」パターンみたいです。w

 

防音室にはひとつ欠点が・・・

 

今回購入した防音室は、自宅の2階にある娘さんの部屋に設置したそうですが、この部屋が西日が入ってただでも夏場の今の季節、午後から夕方にかけてものすごく暑くなるそうです。

 

そんな感じなので、防音室に入って娘さんが練習したとしても、エアコンをガンガンにかけてじゃないと、ものの数分もしないうちに汗だくになるそうで・・・。

 

話を聞いたところによると、西日が入ってくる窓の外に、日差しを遮る黒い網目のネットを取り付けて、さらに練習するときは西側の雨戸を閉め切って、エアコンでキンキンに部屋を冷やす。

 

それから、防音室の中に小さな卓上タイプの扇風機をおいて、練習するときは使っているそうです。

 

それでも、中に入ってクラリネットの練習をするとかなり暑いそうで・・・。

 

そりゃそうですよね。w

 

でも、その涙ぐましい努力のかいあって、家族からの騒音苦情もなくなり、クラリネットのほうもかなりのスピードで上達しているとのこと。

 

そんな話を聞いていて、その娘さんは苦労してそうに見えますが、相当恵まれているように思った私です。w

 

コメント