ムンプス(おたふくかぜ)が海外で流行、さらには爆発的に広がるアウトブレイクしているところもあるとのニュースが目につきました。

一箇所が南米のブラジル、もう一箇所がアメリカのミズーリ州の大学です。

【ブラジル】おたふくかぜが流行 ワクチン効能低下の恐れも

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00010004-saopaulo-s_ame

米国: 大学生でのムンプス( おたふくかぜ)のアウトブレイク

下のツイッターの方は、その道の専門家のかたのようで、ムンプス(おたふく風邪)に関する情報をツイッターで色々とつぶやかれています。

で、これらの記事やツイートを見ていると、あれ?うちの子供達はおたふくかぜの予防接種受けてたっけ?ということが頭に浮かびました。

妻に聞いてみると、どうやら予防接種は受けてないようで・・・。それで、このムンプス(おたふくかぜ)の予防接種の値段、料金について今回は調べてみました。

病院によってムンプスの予防接種の値段や料金に開きがあるが想像以上に高額だった

まずネットで調べてみて、実際の病院でどれぐらいの値段や料金でムンプス(おたふくかぜ)の予防接種がなされているのか具体的に調べてみました。

ムンプス予防接種価格

■調査日:2015年8月6日

(1)都内北千住のクリニック 5,800円
http://www.senju-mimihana.jp/injection.html

(2)2010年時の福岡市内の病院 7~9,000円

出典:Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1049069995

(3)都内江東区のクリニック 5,400円

http://www.miyacli.com/vaccine.html#vaccinefee

(4)都内府中市の子供クリニック 5,400円

http://inoue-kodomo-clinic.jp/yobo.html

(5)都内荒川区診療所 5,000円

予防接種

(6)神奈川県小児科 6,000円

http://mutou-kids.com/practice02.html

(7)名古屋市クリニック 5,000円(一部公費負担で3,000円)

http://katohome-clinic.jp/vaccination/

(8)埼玉県内科 5,000円

http://www.mhnaika.com/original3.html

(9)米子市小児科 4,200円

http://tanimoto-kids-clinic.com/%E4%BA%88%E9%98%B2%E6%8E%A5%E7%A8%AE%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

(10)大阪市クリニック 4,000円

ムンプスワクチン(おたふくかぜ)の料金を変更します。

以上、10件調査しました。今現在、ムンプス(おたふくかぜ)の予防接種は任意接種になっています。

上記の10件の医療機関での接種料金を調べてみるとかなり開きがありますが、おおむね1回の摂取で5千円程度の料金がかかるようです。

また、上の調査事例にもありましたが自治体によってはワクチンの接種料金の一部を負担してくれるところもあるので、お住まいの自治体にお問い合わせされるとよいでしょう。

基本的には2回摂取するようになっているのでお子さんが多いご家庭では負担が大きいですよね。

おたふくかぜは罹患すると難聴になるケースがあるのでできればすべてのお子さんに予防接種をうけさせてあげてほしいものです。

また、おたふくかぜはムンプスウイルスによって発症するので、ご家庭でお子さんが一人ムンプスに罹患すると他のお子さんや、また子供の頃に予防接種をされていないお父さん、お母さんにもうつることがあるようなので十分ご注意ください。