災害はいつ起こるか分かりません。

それが東日本大震災のように大規模なものであれば、それまでの日常生活が普通に行うことが出来ないようになり、相当不自由な生活を強いられることになります。

そんな時の備えとして、防災グッズを準備しておくのは大変重要なことかと思います。

最近ではホームセンターなどに行くと、防災グッズがセットにして販売されているようですが、そのようなセット品の中に入ってないもので、実際被災した時に準備しておけば良かった・・・そんなアイテムがいくつかあります。

その中で、今回は防災グッズとしてのワセリンの重要性についてお話させていただきます。

地震や台風などで断水した時に主婦の手荒れが大発生!

地震で水道管が破損したり、また秋口の台風などで大雨により土砂災害が発生し断水することは決して珍しいことではないと思います。

私の祖母などは昔から台風が近づいてくると必ず風呂場に行って、バスタブに水を貯めたり、台所に樽を持ってきて水を確保していました。

しかし、地震などはいつくるか分かりません。

突然きた地震で自宅近くの水道管が損傷・・・自宅で水が使えなくなった・・・そうなった時にあなた、特に家庭で炊事をされる主婦の方はどのようなことを想像されるでしょうか?

普通に、水道が出ないとお風呂に入れないとかトイレの水が流せない、あと食事のあとの食器が洗えない・・・等々想像されるかと思います。

お風呂やトイレも困りますが、食器洗いも意外に大変です。阪神淡路大震災のときにこれで困った方がたくさんいらっしゃって、防災グッズにサランラップを是非入れておくようにと、広く叫ばれるようになったのはこの頃からだったように思います。

それで、今回私が問題にしたいのは、食器洗いとは関係ないのですが、トイレの後の手洗いや、ちょっとした手の汚れで水を使うのがもったいないので、水を使わずに手が綺麗になるジェルや、介護用のグッズとして販売されているお風呂に入らずに体をきれいにできるグッズ使う方がこれまでに数多くいらっしゃいました。

これは確かに、災害時の水の節約につながるのですが、ある「大きな代償」がそのあとあなたの手にふりかかってきます。

それは手のひび割れ、あかぎれです。

水を使わないジェルなどは使用頻度が高くなると、手の皮脂が奪われてしまうのかすぐにひび割れしてきます。

個人差はあるかと思いますが、女性の方の柔らかい手の皮膚などはてきめん、ぱっくりと第二関節のシワのあたりが割れる方が・・・。

冬場にあかぎれの経験がある方はお分かりになると思いますが、指のひび割れ・あかぎれはとても辛いです。

被災して水が自由に使えない時間が長くなればなるほど、指のひび割れの確率は上がってくるように思います。

なので、そういった時のための防災グッズとしてあるもを準備しておくことをおすすめします。

ちょっとした指のひび割れにはワセリンがおすすめ

防災グッズの中に追加で入れておいてほしいのが「ワセリン」です。

前章で書いたように被災して水がつかえない状況の時に、アルコールが入った手洗いジェルを連日使用していると、手にひび割れができると書きました。

そうならないために、またひび割れた出来た時のために「ワセリン」が非常に役立ちます。

ひび割れした時の専用の軟膏などがありますが、その前段階の予防するのも含めて私は「ワセリン」のほうが利用価値が高いと思います。

なので、手洗いジェルを使ったあととか、ヒビ割れてしてしまった指にこのワセリンを塗るとひび割れ予防と、またひび割れした指の痛みを和らげてくれます。

ボクシングの試合などで顔に塗ったり、途中傷ができたときに塗ってるのがワセリンです。

ひび割れぐらいなんてことないと、なめてると痛い目にあいますよ。ひび割れの痛みは頭に突き抜けるぐらい痛いので、痛みで疲労困憊という状況にもなりえます。

ですので、これから防災グッズを準備しようと思われている方は、市販の防災グッズのセット品にプラスしてワセリンを準備しておかれることをおすすめします。

特に皮膚が弱い女性の方にはぜひ揃えておいていただきたい防災グッズの一つですね。

⇒ 白色ワセリン【Amazon】

⇒ 白色ワセリン【楽天市場】