オトコエシという草花をご存知でしょうか?

漢字で書くと「男郎花」。

「女郎花(オミナエシ)」と名前が似てますが、名前が知られているのはオミナエシの方かもしれませんね。

で、今回はこのオトコエシに関する話題について書かせていただきます。

昔初秋に地元の山中で写真におさめた事がきっかけで知ったオトコエシ

もう相当昔のことになります。

地元の山で昔からパワースポットと呼ばれている場所に知り合いと足を運んだことがありました。

季節はちょうど今ぐらいの時期だったと思います。その時、デジカメを購入したてで、私は首からストラップを下げて目についたものを手当たりしだい撮影していました。

その中に、きれいな草花の写真が入ってまして帰宅してから花の名前が知りたくて調べてみたところ


オトコエシ

漢字では「男郎花」と書いてあって、それと対になってオミナエシの紹介もされていて、こちらの名前を聞いたことがあったので、対にして覚えておくのが良さそうだということで、記憶に残っていました。

で、この男郎花の紹介がされていたところに「花言葉」も紹介されていて、それが

男郎花(オトコエシ)の花言葉:野生味、慎重、賢明

フーンと思いながら、再度自分で撮影した写真を見てみると・・・・

その可憐な白い花からは、私は全くと言っていいほど野性味を感じることはできませんし、慎重や賢明といったかんじともなんとなく違うような気がしたものでした。

以前から思っていたのですが、この花言葉って誰が決めたのでしょうか?w 

決めるのは良いのですが、どういった基準で花言葉を決めているのか、私はそれが知りたいと切に思っていたところです。

しかも、花言葉以前に、この花の名前が「オトコエシ」・・・。漢字では「男郎花」。

全く、その可憐な白い花からは「男」を連想しうる材料がないように思うのですが・・・。

来月10月3日の誕生花になっていますが、この近辺になったらこのオトコエシの花言葉や、命名の由来についてメディアで紹介があるかもしれません。

気がついたら、またこちらでご紹介させてもらいます。