Umbrella
Umbrella / kohlmann.sascha

 

ゴールデンウィークも終わって、先日からちょっと暑いなーと思っていたら、今日はちょっと肌寒い雨模様の天気に。

 

田舎で生活していることもあり、日常生活ではほぼ外出するときは車を使うことがほとんどの私なので、通勤時や外出時に傘をさして雨にぬれるという心配はそれほどすることもないですし、また実際にしま
せん。

 

車を運転する私にとって、雨の日に嫌な事といったら、雨にぬれることではなく、運転中に視界が悪くなることの方が大きいです。w

 

そんな私でも、年に何回か傘をさして街中を歩くことがあります。

 

しかし、この傘に私は愛想をつかされることがとても多いんです(笑)

 

愛想をつかされる?って・・・と思われた方も多いかと思います。なので、過去の例をいくつかご紹介させていただきます。

 

4,5年前に病気で入院した知人のお見舞いのために、地元の総合病院に行った事がありました。

 

その日は雨がかなり強く降っていて、駐車場から玄関口までかなりの距離があったので、車を降りたら傘をさして歩く必要がありました。

 

体が大きい私は、使用する傘も80cmオーバーの特大傘を使っていて、病院の玄関口にあった傘立てに自分の傘を立てると、完全に私の傘だけ飛び出てました。

 

小一時間、病室におじゃまして、いざ帰るというときに玄関口まで行って自分の傘を探してみると、もう数メートル手前から、ピョコンと飛び出てた傘が視界に入ってこないんです。ww

 

そうなんです、私の愛用のジャンボ傘は私に愛想をつかし、別の他人様についていってしまったのです。(笑)

 

Umbrella
Umbrella / Thomas Geiregger

 

昨年も同ような事が・・・。雨の日にパチンコ屋に傘をさして入った時は、かなり高い確率で、私の愛しい傘は、私に愛想をつかし人様の元へ旅立ってしまいます。w

 

ということで、梅雨を前にした今シーズン、私の車の中には、傘が乗ってない状態がずっと続いています。

 

なので、緊急ではないもののそろそろ傘を物色しておこうかと思い立った次第です。

 

それで傘を選ぶときに、私の場合は殆ど折り畳みの雨傘を選ぶのですが、これも色々と調べてみると目的別に様々なタイプの傘がある事が分かりました。

 

①耐久性を重視

②持って軽いもの

③風に強いタイプ

 

Lovere behind her red umbrella
Lovere behind her red umbrella / susivinh

 

ほかにもデザイン的な事など色々な切り口があるでしょうが、私が使う事を前提として頭に浮かんだのが上の3つのタイプの折り畳み傘です。

 

で、折り畳み傘で有名なブランドとしてよく耳にするのが、質実剛健なドイツで生まれたクニルプスKNIRPS)の折り畳み傘が思い浮かびます。

 

クニルプスの傘だと、値段が高いこともあって上の3つの条件をすべて満たすような気がしないでもないです。

 

うちの奥さんに聞いてみたらクニルプスって紳士用の折り畳み傘ってあるの?って言われたんですけど、それ以前に値段的な面で私は却下です。

 

また愛想をつかされ、私の手を離れてしまう可能性が高いものに、そんなにお金はかけられません。(笑)

 

つぎに、クニルプスとよく並んで耳にするのがアメリカはオハイオ州生まれのブランド、トーツ(Totes)

 

このトーツは私の中では、全然ありです。(日本語変w)

 

耐久性などはもとより、なんと言っても傘業界の優良児と呼びたい、高コストパフォマンス性。

 

昔使ってた折り畳み傘って、ちょっと使ってそのままたたんで車に乗せておいたりすると、骨の部分が錆びてしまったりしてました(笑)

 

当たり前ですね。

 

折り畳み傘は使ったあときちんと陰干しして水分を乾燥させないと、骨や柄の金属部分が錆びついてしまいますもんね。

 

錆びないタイプの傘だと、クニルプス(KNIRPS)トーツ(Totes)などの折り畳み傘などは、骨部分がグラスファイバーやチタンで出来たものがあるので、私のような無精者にはあつかいやすい傘だと思います。

 

あと、最後の三番目の風に強いタイプの傘というと・・・センズ(SENZ)の折り畳み傘が一番に想起されますね。

 

あの独特な形というかフォルムというか、デザインで風に強い傘として初めて目にしたときはかなりインパクトがありました。

 

どれぐらいの風に耐えられるのか?というと折り畳みタイプのセンズ・ミニだとメーカー発表では時速80kmの環境下でも傘が裏返らないとのこと。

 

どんだけ~!!!!

 

風速80mとかでも、ちょっとありえない風の強さですが、「時速80km」って・・・wwww

 

そんな風の強さ自然界ではないのでは?と思ってしまいますが、そんな事はあまり気にしないのが多分おしゃれになれる秘訣だと思います。w

 

うーん、ということでちょっと、説明が支離滅裂になってしまったような感があります。最後にコンパクトにまとめを・・・・

 

【折り畳み傘の目的別おすすめブランド】

①耐久性を重視  クニルプス(KNIRPS)

②持って軽いもの トーツ(Totes)

③風に強いタイプ センズ(SENZ)

 

あえて分類して分けるとこんな感じでしょうか?で、私は最終的にトーツの折り畳み傘になるかな~・・・。

 

愛想をつかされ、他人についていかない願いをこめて・・・。w

 

※今回ご紹介した紳士用の折り畳み傘のブランド

▶下の写真はトーツ(Totes)のベーシックな人気モデル

totes AUTOMATIC OPEN & CLOSE TITANIUM BLK A254

totes AUTOMATIC OPEN & CLOSE TITANIUM BLK A254

totes AUTOMATIC OPEN & CLOSE TITANIUM BLK A254

【クニルプス(KNIRPS)の折り畳み傘】

■Amazon ⇒ クニルプスの折り畳み傘【アマゾン】

■楽天 ⇒ クニルプスの折り畳み傘一覧【楽天市場】

【トーツ(Totes)の折り畳み傘】

■Amazon ⇒ トーツ(Totes)の折り畳み傘一覧【アマゾン】

■楽天 ⇒ トーツ(Totes)の折り畳み傘一覧【楽天市場】

【センズ(SENZ)の折り畳み傘】

■Amazon ⇒ センズ(SENZ)の折り畳み傘一覧【アマゾン】

■楽天 ⇒ センズ(SENZ)の折り畳み傘一覧【楽天市場】