ほうれん草のキーマカレー。
ほうれん草のキーマカレー。 / hm7hm7

うちの娘が貧血だとの診断が下りました。

 

運動会などの練習の時に、うちの子供以外にも立ちくらみで地面にへたりこんだ子が結構いたそうで担任の先生か貧血じゃないかと連絡があったそうです。

 

まあ、それで保護者の方が色々と食事などで対応して改善していかないといけないのでしょうがうちの奥さんは料理がいまいち得意じゃありません。w

 

子供もインスタント食品などが好きでカップラーメンなどを好んで食べているようです。

 

今の時期に摂取しておいた方がよいと思われる小魚とか全然とってないみたいだし・・・。

 

しかし、貧血って言われて食べ物何を食べさせたらいいのか?って急には思い浮かびません。

 

おそらく貧血ということは、鉄分が不足しているのであろうと思われますので、鉄分の摂取というと、ほうれん草とか鳥のレバーとかが良いのでしょうか?

 

昔子供のころに学校で、肝油ドロップというのを飲まされていたおぼろげな記憶がありますが・・・。

 

調べてみたらまだ今でもあるんですね。ちょっと吹いた。ww

 

デザインは上の缶のものと同じだったと思うんですが、缶の形が寸胴ではなく平たい円柱だったような気がします。

 

これを毎日学校で飲んでいたような記憶があります。

 

これはある時期まで成長期の子供は血液を作るのに鉄分が必要なので学校側が子どもたちに飲ませていたものだと思っていました。

 

しかし、肝油って鉄分入ってないような気がします。w ビタミンAとビタミンDを多く含んでいるようなので成長期の子どもたちの骨の形成のために飲ませていたんじゃないでしょうか?

 

それで、鉄分の補給にはどんな食事が良いのかネットで調べてみたところ・・・

 

あーっ、その手があったかって方法が・・・(笑)

 

賢明な方はすでにお気づきかと思いますが、現代の私達にはサプリメントがあるじゃないですか!www

 

鉄分も手軽にサプリで摂れる時代になっています。

 

まあ、それでも自然の食品から毎日摂取するのがベストなんでしょうけど、うちの奥さんは料理が・・・wwww

 

で、この鉄分のことについて調べていたら鉄分といっても2種類あるんですね。知りませんでした。

 

【鉄分の種類】

■植物系の非ヘム鉄

■動物系のヘム鉄

 

囲炉裏 Sunken hearth
囲炉裏 Sunken hearth / “KIUKO”

 

この非ヘム、ヘム鉄ってのは聞いたことありますね。鉄分って動物系と植物系とあったんですね。

 

自然の食品から摂取する場合は、植物系であれば先ほど私が書いたほうれん草やあと海の海藻類が良いみたいですね。

 

それと動物系の食品から取る場合はこれも先ほど書いた鳥のレバーなどが良いようであと、植物系同様海のものでいうと貝類などにも鉄分が豊富だそうです。

 

ところが、この植物系と動物系の鉄分、私達人間が摂取すると実際に体に吸収しやすさに差がでるようで、吸収がよいのは動物系のヘム鉄のほうが私達の体には合っているようです。

 

しかし、毎日動物系のヘム鉄を食材から取るのは大変です。

 

なので多くの方がサプリで取られているようですね。これだとうちの奥さんでもOKです。w

 

ところがこのサプリでの鉄分の摂取には注意が必要だと・・・。貧血の改善のために過剰に鉄分を摂取される方がいらっしゃる
と・・・・。

 

過剰鉄分は、ネットで調べるとかなりの情報が出てきますが、全くよい情報がないくらいディスられてます。w

 

毎日食材で鉄分を摂取するのは難しいので、お手軽にサプリで・・・と思っていたらそこには落とし穴があったわけで・・・。

 

まあ、なにごともそうですが度を過ぎるとかえって体に悪いのはすべからく言えることかと思います。

 

手軽にサプリで鉄分とれるからと貧血解消のために大量に摂取するのはやめときましょう。

 

これは、うちの奥さんにも伝えておかないと・・・・。

 

レバー
レバー / Koji Horaguchi