summer vacation / 夏休み

 

夏休みの子供たちにとって宿題というのは気になるようですが、親が思ってるほど気にしてません。

 

これはわが家の子供だけかもしれませんが・・・www

 

毎年夏休みに入るとうちの奥さんが結構子どもたちのおしりを叩いて、ドリルや漢字の書き取りなどの宿題は早めに終わらせるようにしてるみたいです。

 

しかし、例年夏休みが終わるころに慌てるのが、読書感想文と自由研究の2つですね。

 

この2つ、うちの奥さん自体どうやらせたらよいのか分からないと何度か口にしてた記憶があります。

 

最近ではネットで調べると色々やり方などが出てきて、要領よくやってる小学生もいるようです。w

 

で、今回は小中学生が例年頭を悩ませる夏休みの自由研究に関して少し書いていきたいと思います。

 

 

自宅周辺で自由研究に関するイベントが結構開催されている。

 

結局、夏休みの自由研究と言われても学校では、「自分が関心あることを題材にして色々調べてみよう・・・・」みたいなことしか言われないので、具体的に何をどうゆうふうにやればよいのか子どもたちは頭を悩ませるようです。

 

なにか関心ごとがあっても、その興味があることを、どのように調べて、さらに調べた事柄をどのようにまとめて自由研究という一つの形にするのか・・・・。

 

これが分からないケースが多いようですね。

 

分からないのは、ママさんたちも同様のようで・・・。ww

 

で、そのようなお子さんやママさんたちの強力な助っ人となるのが、自宅近くにある公共施設などが開催している、自由研究にかんするイベントです。

 

探すと、結構あると思います。

 

夏休みの自由研究
夏休みの自由研究 / Kanko*

 

一つの例ですが、東京の町田市は昨日7月の22日から「自由研究おうえんプロジェクト」というイベントを、町田市役所の市庁舎で開催されています。

 

期間は来月の15日までで、時間が土日をのぞく午前8時30分から午後5時までの間。

 

詳細は下記のリンク先でご確認ください。

 

■町田市自由研究おうえんプロジェクト

※記事削除によりリンク切れ
http://www.city.machida.tokyo.jp/kodomo/soda/jiyukenkyuouen.html

 

あとよくあるのは、地元の博物館や科学館などではかなりの確率で子供たちのための自由研究に関するイベントが開催されていると思います。

 

お近くに、博物館や科学館などがある方はスケジュールを調べてみてください。

 

あと、民間の企業なども自由研究に関する催しを開いているところがあります。

 

よく小学校で社会科見学などに行く工場など、自宅近くにあれば電話で問い合わせしたり、ホームページでチェックしてみたりするとよいでしょう。

 

それで、この方法だと何がよいのかと言うと、うちの子供達の場合は、自宅でパソコンなどを使って自由研究に関する調べ物をするより、どこか博物館や工場などに出かけて自由研究をやるということ
になるとまるでやる気が違うんですね。www

 

科学館などでのイベントだと、事前にスケッチブックや筆記用具を用意してきて下さいみたいな案内があるので、それらを用意してイベントに参加すると、イベントが終わるころには、自由研究も終わってるという素晴らしい事になってたりします。www

 

科学館などの職員さんは、もうこの手の自由研究を子どもたちにやらせるのは、お手の物というか慣れていらっしゃるので、どのようにしたらよいのかコツがわかっていらっしゃいます。

 

【自由研究関連の催しを開催してそうなおすすめの場所】

■最寄りの役場・市役所等

■博物館、科学館、美術館等

■企業の工場等

ちょっと出かけるのに時間がかかったり、参加費などが必要なケースもありますが、それらを考えても、忙しいママさんたちにはかなりなお助けイベントになるのではないでしょうか?

 

あと、個人的におすすめ出来ないのは、ネットにある自由研究サイトです。一昨年だったか、うちの子供がこの手のサイトを参考に夏休みの自由研究したら、クラスに同じことをやってた子が3人いたと言ってました。w

 

かぶるというか、自由研究の内容が一緒になるなる可能性が高いように思います。