re-read 再度読まれる

 

私はかねてから、暑いのに夏休み期間中って余計な問題が表面化する傾向が高いように思っていました。

 

つい先日も子供の夏休みの自由研究にかんする記事を書きましたが、せっかちなうちの奥さんは昨年のこともあって読書感想文の心配をしだしました。w

 

なんで、うちの奥さんが子供の夏休みの読書感想文の心配をするのか?私には少々理解できないところがあったりします。w

 

このことは、夏休み入ってすぐぐらいから口にしてたのですが、私は完全にスルーしてました。

 

そうしたら、うちの奥さんがここぞとばかりに親バカを発揮しだしたんです。

 

それが結構面白かったので今回取り上げさせていただきます。

 

題して、

 

【親バカが考えた出来の悪い子供の夏休み読書感想文対策:姑息・裏ワザ編】

 

まずうちの出来が悪い(笑)子供のことなんですが、ほとんど読書をしないみたいです。

 

マンガを少し読むくらいで、読書の習慣が全くない状態と言ってよいでしょう。

 

なので、昨年は読書感想文がなかなか夏休み中に出来上がらず、最後の最後になって母親がせかして、子供の一緒になって仕上げたような感じだったそうです。

 

Read to Grow
Read to Grow / Lel4nd

 

それで、読書の習慣がない子供、もっといえば読書嫌いな子供がいかにして夏休みの読書感想文を仕上げるか?そんなことをうちの奥さん考えたようです。www

 

何をしてんだか・・・・。

 

で、彼女が考えたのが以下の4つです。

 

①本を読ますのではなく、朗読された音声ファイルを聞かせる。

②小説から映画化、ドラマ化されたような作品を映像で見せる。

③フリーの読書感想文お助けソフトを使う。

④過去に受賞した読書感想文をお手本にする

 

すこし解説させていただくと、まず①ですが現在ネットには有名な作家の方の書籍を朗読されて音声ファイルをアップされているサイトがあるみたいです。

 

代表的なのが、あの有名な「青空文庫」の朗読版「青空朗読」。

青空朗読
http://aozoraroudoku.jp/index.html

 

ご存知のかたも多いかと思いますが、著作権が切れた作品になるのか、日本の著名な文学者の、有名な作品が数多く保存されていて、すべて無料で朗読された音声を聞くことができます。

 

朗読時間も短いものは10分以内で終わったりするので、腰を落ち着けて作品を味わうのが苦手なお子さんなどにも、短時間で集中して聞かせるとよいかもしれませんね。

 

Reading a book
Reading a book / ckaroli

 

あと、②これは①の映像版といえるでしょう。ネットにあまたある動画サイトにアップされている、映画やドラマで書籍をもとに作品化されたものを探して、お子さんと一緒にみて、色々感想をいいあ
いながら、読書感想文を書かせる・・・みたいにやるつもりらしいです。w

 

③はかなり、姑息といえましょう。ww

 

よくこんな発想が浮かんだものだと、感心した私です。で、読書感想文を書く手助けをしてくれるフリーのソフトというのがあるそうで、これも使うと効率よく感想文が仕上げられるのではないかと、皮算用をした模様です。

 

ちなみに、うちの奥さんが見つけたフリーソフトが

 

The 感想機
http://www.vector.co.jp/soft/win95/amuse/se230172.html

 

ブタマン君の文章作成お助けツール
http://www.vector.co.jp/soft/win95/personal/se243534.html

 

お使いになられる場合は、各自の責任の元、インストールしてお使いください。

 

まあ、ベクターさんとこのソフトなのでおかしなソフトではないと思います。お持ちのパソコンに適応するかどうかチェックすれば、とりあえず使えることかと。

 

最後の④ですが、これはかなり有効な方法かもしれませんね。

 

感想文が苦手という子供は、どのように文章をかけばよいのかまずイメージできない事が多いのではないかと思うので、過去になんらかの賞を受賞した作品があれば、それがかなり参考になるかと思います。

 

■青少年読書感想文全国コンクール

<入賞作品紹介>

※記事削除

http://www.dokusyokansoubun.jp/text2013.html

 

あと番外編で、ヤフー知恵袋などで質問をする方法もネットで見つけたようです。ww

 

○○という作家の、○○という作品の要約を400字程度でお願いします・・・

 

みたいな質問をすると律儀な人が答えてくれるケースがあるそうです。(爆)

 

いや、それはいくら何でもダメだろうと、うちの奥さんに話したら、「よそのご家庭では、お金を出してお子さんの夏休みの宿題やってもらってるところもあるのよ・・・」

 

との、思わぬ返しがありました。www

 

いつから、日本はこんな感じになったのでしょうか。