夏野菜

 

数年前にちょっとしたブームになったハチミツ味噌。

 

この手の調味料って、テレビの情報番組の影響力が強いのか、爆発的に人気が出ることがありますよね。

 

苦汁(ニガリ)や塩麹もその分類に入るのでないでしょうか?

 

ニガリはほんと一時期大ブームでしたが、最近スーパーでも注意して探さないとどこにあるのか分からない場所に追いやられています。w

 

今回の話題の中心となるのはハチミツみそ。

 

最近このはちみつ味噌について話してる人あまりいませんよね。w 2,3年ほどまえにちょっとしたブームがあったように記憶しています。

 

わが家でも何度か手作りのやつを作りました。

 

作るといっても、味噌とはちみつを混ぜるだけなので、いたって簡単です。分量が味噌2に対し、はちみつ1の割合で混ぜるだけ。

 

それを、野菜スティックのようにきゅうりなどの生野菜を直接つけて食べる食べ方と、調味料として使う方法があります。

 

一昨日のこと、ご近所の家庭菜園をやられているお宅から、大量の夏野菜を頂きました。

 

きゅうり、ピーマン、トマト、なす

 

ダンボールの箱に売るほど入っていて、食べ盛りの子供がいるわが家でも消費するのが大変な量でした。

 

で、この大量の野菜を目の前にしてどうしたものか思案してたときに、すっかり忘れてしまっていたハチミツみそを思い出したのです。

 

 

ピーマン
ピーマン / iyoupapa

 

特に量が多かったきゅうりと、ピーマンをなんとか消費しようと考えていた時に、ハチミツみそがあたまに浮かびました。w

 

子供が微妙な感じで好き嫌いがあって、きゅうりは浅漬のようにすると食べなくて、またピーマンも良く火を通さないと食べません。

 

野菜炒めの調理の際、ピーマンなどは通常炒める順番は最後の方ですが、このやり方だと、食べるときにピーマンのシャキシャキ感が残っていて子供は嫌がります。

 

ピーマンの肉詰めや、ナスとピーマンの煮浸しのような料理だと、ピーマンがクタクタになっているので問題なく食べるんですね。

 

面倒くさいです。

 

で、今回頂いた野菜ですが、久しぶりに作ったはちみつ味噌で、キュウリとトマトは生のまま、直接野菜に塗って食べました。

 

れだと、甘みがあるのできゅうりのスティックなどいくらでも食べます。

 

残る、ピーマンとナスですがこちらは味噌炒めのようにして食べました。

 

材料はピーマン、ナスのほかに、玉ねぎと、厚揚げを使いました。

 

最初野菜を炒めて、あとから一口大に切った厚揚げを投入。味付けに、はちみつ味噌と、酒、しょうゆ少々。我が家は先ほど書いたよう
に、子どもたちに食べさせるためにピーマンがくったりするまで火を通します。

 

これで、ご飯がおいしくいただけます。

 

肉類もこのハチミツみそを使って料理するとおいしくなるので、久しぶりにお盆休みに色々料理をしてみたいと思います。

 

 

アイスきゅうり
アイスきゅうり / merec0